サメの唐揚げ定食
食事処 海里
今年の土用の丑の日は、鰻の代わりにサメの蒲焼(税込1000円、8月までの提供)はいかが。特製ダレにつけた身はぷるんとして蒲焼にぴったりです。サメは脳の活性に役立つとされるアラキドン酸が、鰻の2.5倍もあるそう

7・8月限定のサメ料理
ほら、まずは食べてごらん

 「これ食べたことないっしょ?おいしいんだよ~」。期間限定の新メニューは、青森の知り合いから取り寄せたサメの唐揚げ定食。馴染みがない分、抵抗感があるかもしれませんが、サメの身は臭みがなく淡白。骨もほとんどなくフワフワした食感で、ご飯とビールが進む1品なのは間違いありません。

 店長の能代谷ひとみさんは、どんな食材も工夫して様々にバリエーションを生み出す名人。通常は煮付けや汁物にすることが多い蝦夷メバルも、みそダレを添えて田楽として提供しています。

 「漁場ではかまぼこの原料とされることが多いサメですが、から揚げにするとこんな味がするんだって知ってほしい」と能代谷さん。定食は午後1時まで700円、以降は900円。

2017年7月14日