岸本 伸二さん

交流できる憩いの場を提供したい

 岸本さんが鍼灸院をはじめたのは19年前。「地域の保健室」として、身体と気持ちがほぐれる癒やしの空間を提供したいと開院しました。

 いつも心がけているのは、お客さんが日頃不安に思っていることや悩み事をじっくりと聞き、それぞれにあった施術を行うこと。ゆったりくつろぎながら話してもらえるように、待合スペースにはドリンクコーナーを設置し、リラックスできる空間づくりをしています。また、お客さん同士がより気軽に交流してもらえるように、鍼灸の豆知識を勉強する「よりあいカフェ」を不定期で開催。「ほとんどは雑談になっちゃうけど、おしゃべりして少しでも幸せな気持ちになってもらえたら満足。みんな歳をとっても友達はほしいし、話すのが大好きですもんね」と岸本さん。ちょっとそこまでおしゃべりをしに行きたい、そんな憩いの場を目指しています。

2017年6月30日