那須 実里さん

「エステ=敷居が高い」を払拭したい!

 19歳でエステティシャンになった実里さんは、コミュニケーションの取り方が分からず喋るのが苦手でした。「お客様との会話が弾まず、オーナーからも心配されるほどでした(笑)」と振り返ります。うまく振る舞えなくてもお客さんのためにできることはないか―。考えた末にたどり着いたのが、来店してもらうたびに美や健康に関する最新情報を持ち帰ってもらうことでした。そう意識することで自然と会話が弾み、今ではお客さんと話すことが何よりも楽しいと話します。

 自信も実力も徐々につけてきた実里さんが今目指すのは、エステは高額というイメージを払拭させることです。「誰でも気軽に利用してもらいたいので、ちょいキレイというコースをつくりました。1500円でキレイになれるをコンセプトに様々なプランを用意しています。お財布に優しい店を目指したい」。

2017年3月14日